あわやすらぎ

Hena & I【わたしたちとヘナ】

日本という四季がある島国に、暮らしている私たち。都会の暮らしでは、私たちの周りのほとんどが人工物で造られています。日々の暮らしの中に、四季や自然を感じヘナと触れ合う時間を取り入れていくことで、髪と心は健やかになっていきます。

What’s Hena?【ヘナって?】

古くから人と深い繋がりがある
薬草ハーブのことです。

ミソハギ科の植物で、主にインドやモロッコの
乾燥地域に広く自生している常緑低木です。
主に葉っぱを乾燥させてパウダー状にしたものを水と混ぜて髪にパックします。
肌に紋様を描く神聖なアートにも使われています。

3

1

デトックス

身体の毒素を解毒分解して外に排出する役目の臓器が肝臓。ヘナには、肝臓の毒素排出を促す効果があると言われています。
頭皮がスッキリします。

2

トリートメント

ヘナはタンパク質に定着する性質を持っています。髪の表面にあるキューティクルにヘナが付着することで、表面がコーティングされ、
水分保持力が高まります。
そして繰り返し髪にパックすることで、トリートメント剤の回数が減っていき、最終的にはトリートメント剤を使わなくても艶艶の髪の毛になっていきます。

3

染色

ヘナにはオレンジ色の色素が含まれていて、肌や髪に付着し定着します。
シロ髪→オレンジ色
しかし、黒髪→黒髪
絵具と同じです。
おひとりおひとりのベースの髪色にオレンジ色が定着して、オリジナルな髪色になっていくところもヘナの魅力の1つです。

Holistic harmony【自然と私たち】

「ラクタガルバ」って?

「ラクタガルバ」とは、インドの古い言語〈サンスクリット語〉でヘナのことです。ラクタ=血液、ガルバ=子宮という意味になります。

また東洋医学では、髪は血余と言い、血液の余りで出来ていると考えられています。

ヘナと髪は、血液と深い結びつきがあることを感じさせてくれます。

私たちが暮らしている地球。
地球には様々な素晴らしい生き物たちも一緒に住んでいます。
森や川、草花、土の中にいる微生物たち、昆虫や動物たち。

は二酸化炭素を吐いて、酸素を吸い込みます。栄養素を摂り入れて、
排出しています。つまり、呼吸や摂取を繰り返して生きています。
人に良いと書いて『食』という字があります。髪や頭皮から
人に良い栄養素(植物)を「食べて」、老廃物を排出します。

植物植物は光合成によって水と二酸化炭素から、
栄養素と酸素を創り出しています。
そして、自然界のバランスを保とうと日夜活動しています。
その活動は愛そのもの。人はその美しさに心が癒され元氣になります。

地球地球は全ての生命の母胎。基盤です。
様々な元素や命で構成されていて、
みんなが同じ星で営んでいます。

あわやすらぎは、地球に優しく人に優しいをモットーに
互いに共存・共生できる循環型のヘアサロンを目指しています。
そのため、全てのメニューは自然素材100%にこだわった
ホリスティックなメニューとなっています。

代表 塚本晃次

私は幼少期の頃、アトピー性皮膚炎でした。しかし、何度も海水浴に行くことで、アトピーが完治するという経験をしました。その時、自然には人を癒す力があることに氣がつきました。 その後、美容師を志すも、シャンプー、トリートメント、カラー、パーマで手荒れが酷くなり、またステロイドでの対処の日々となり苦しかったです。自分の髪も洗えないほど、手が痛痒く腫れてしまい、美容師を辞めるしか道はないとド クターストップとなりました。夢である美容師を辞めたくない。でも、手と精神は限界。そんな時に、ヘナという植物に出会いました。ヘナという植物の葉っぱに触れていくだけで、手荒れが引いていったんです。触れば触るほど、使えば使うほど、自分の手と心が癒され、髪がどんどん綺麗になっていきました。 そして、手荒れが治ったんです。ホントに驚きました。そんな経験から、ヘナが大好きになり、インドや沖縄などヘナを求めて旅へ出ました。沢山のご縁をいただき、実際にヘナ畑やヘナ農家さんからお話しを聞く中で、ヘナの素晴らしさやアレルギーのある方に伝えていきたいと、ヘナ専門サロンをオープンすることを決意しました。ヘナや植物で髪や身体をケアすることで、より暮らしが豊かに楽しくなると確信しました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。